風色top横浜蒐集録top横浜蒐集録09横浜蒐集録11


横浜市内でも特に京浜間の海岸には、京浜工業地帯を形成する工場や倉庫ばかりが建ち並んでいる印象がある。しかし神奈川区をながれる入江川の河口には、そんな固定概念を覆すような昔ながらの漁師町風情が残っているのだ。こうした風景は都心に近ければ近いほど、見る者を驚かせてくれる。

画像をクリックすると拡大版がポップアップ表示されます。




子安浜


入江川河口は子安浜と呼ばれ、江戸時代から漁師町として息づいてきた地区である。京浜間の海岸は戦前から既に埋立が行われて工場が進出するようになり、高度経済成長期にはそのピークを迎えたのだが、それと反比例するように東京湾の漁業は衰退の一途を辿った。こうした中、いまだ子安では漁業が行われている。

狭い運河にギッシリと幾艘もの舟が舫ってある。首都高が南岸を覆っているため狭い運河が余計狭く感じられるようだ。尤も舫われている舟は漁船のみならず、釣り船、屋形船、プレジャーボートなど様々である。首都高下の影になった運河中には朽ちた廃船が何艘も処理されることなく沈んだままになっている。
建物といい舟といい、全てが雑然としている光景は、平成となった今ではなかなかお目にかかれない。




東南アジアを髣髴させる光景


まるで東南アジアのように、木の杭を立てて水面にせり出させた家屋や小屋が犇くように建ち並び、乗下船や水揚げ作業に便利な形となっている。どんな地方の漁港でも港湾整備が進んで整然としているのだが、子安浜は時代の流れに取り残されたように、昭和庶民の湾岸の風情を残している。以前このような光景は比較的いろんな所で見られ、悪しき無秩序の典型として排除・整備の対象となったものだが、それがゆえに全国各地から次第に姿を消していったので、今となっては貴重かもしれない。




とある作業小屋の様子




アナゴ筒だ


東京湾の埋立に伴い、子安の漁師達は昭和40年代に漁業権を放棄している。漁業権を持たない者は底引き網やまき網等の漁法ができないため、子安では一本釣りやはえ縄、投網等の自由漁業といわれる漁法によって漁を行っている。
現在子安では主にアナゴやスズキの漁がメインである。停泊していた漁船にはアナゴ漁で用いる仕掛けの「アナゴ筒」が沢山積まれていた。子安のアナゴの美味しさは非常に好評である。

平成13年のデータによれば、この子安には41軒の漁師がいるそうだ。総漁獲高は461トン(横浜市全体では1433トン)で、刺し網による漁獲が63トン、その他の釣り漁法による漁獲が2トン、はえ縄による漁獲が312トン、その他漁業として396トンがカウントされている。




浜通り


この運河に沿って東西に伸びているのが浜通りである。臨海部が埋め立てられる前、旧子安浜に沿った海岸通りだった。
沿道には、狭い路地に隙間なく建てられた庭のない家屋という漁師町独特の街並みが広がっている。子安であがった魚を食べさせてくれる店もある。
この道を歩いて沿道の作業小屋をちょっと覗いてみると、生簀があったり、冷蔵庫があったりと、発泡スチロールの箱が積んであったりと、活き活きとした水揚げの様子が垣間見える。




新浦島橋
橋脚が煉瓦造り


この子安浜の西端には新浦島橋という橋が架かっており、浦島町と埋立地の新浦島町を結んでいる。昔ながらの街並みを残す浦島町側と、高層のオフィスビルや研究施設が建ち並んだ新浦島町との対比が面白い。子安浜を歩いているとき、作業小屋が並ぶ隙間からたまたまこの橋の橋脚を見たのだが、これが古そうな煉瓦造りだったのでついつい心が惹かれてしまったのだ。
橋脚に比べて橋桁は明らかに新しいので、おそらく以前橋を更新・改修した際に橋脚だけ残して活用したものと思われる。それが理由なのか、更新・改修しているわりにはこの橋の幅員が妙に狭い。古い橋脚の分しか幅員を確保できていないのだ。歩道のスペースを確保したために、車道部分は車一台しか通れず、私が撮影している際にも、何台かの車が行き違いに難渋していた。
道路局ではこの狭い橋の架け直しを検討しているようで、実施されるとこうした交通上の障害はなくなるだろうが、となればあの橋脚も消えてしまうことになる。安全を考えれば仕方のないことだ。

<平成15年度 横浜市道路局事業説明書(PDF形式)>




車一台がやっと


かつては盛んだった子安の漁業も昭和30年代に入ると、埋立による漁場の減少や海洋汚染によって漁獲量が激減し、そこに更なる埋立事業(大黒埠頭・本牧など)が追い討ちをかけた。こうした中で市は子安浜を含む市内の7漁協(子安浜のほか、生麦・西神子安浜・本牧・富岡・柴・金沢)と昭和46年に、漁業権の放棄と全面転業を前提とした漁業補償を締結する。これによって市東部の生麦・西神子安浜・子安浜の3漁協は積極的に転業をすすめることとなった。金沢など市南部に比べて市東部は早期から工業地帯に取り込まれており、漁場の減少や海水汚濁の影響を強く受けていたため漁業の将来に諦観するものが多く、このため漁業権の全面放棄に踏み切り、補償を受けて転業する道を選んだのだった。
当初市内7漁協は昭和54年度末を目標に同時解散して新漁協を設立し一本化する方針だったが、市東部ほど転業の必要に迫られていない市南部4漁協(本牧・富岡・柴・金沢)がこれに反対し、昭和56年、残存漁業者を中心として独自に横浜市漁協を設立してこれに合流した。一方で取り残された市東部3漁協も遅れて昭和61年に横浜市東漁協として一本化することとなる。典型的漁協である横浜市漁協と違って横浜市東漁協は転業者中心の互助会的組織としての役割を果たしている。

東京湾は昔から好漁場として有名であったのだが、周知の通り高度経済成長期以降は埋立事業や水質汚濁等によって漁業の衰退が深刻となった。しかし神奈川県水産総合研究所によると、1970年代以降20年にわたり湾内の漁獲量は4万トン前後で推移しており、これは相模湾の漁獲量を上回っているらしい。東京湾が豊饒の海であることに今も変わりはないのだ。
以前は転業のすすんだ子安の漁業事情であるが、ここ数年の漁業経営体数は若干の増減を繰り返しているもののほぼ安定しており、後継問題も何とかクリアできるという話も聞く。市南部の柴や本牧と違って漁港整備が殆ど行われていないにもかかわらず、先述のデータで示した通り子安(神奈川区)では横浜市総漁獲量の約32%の漁獲をあげている。
子安をはじめとして、末永く東京湾の漁業が続いてゆくことを願って止まない。


所在地
 神奈川区子安通・浦島町 地図(MAPFAN)


風色top横浜蒐集録top横浜蒐集録09横浜蒐集録11メール

(c) 2003 K-I All rights reserved.