風色top東京蒐集録top東京蒐集録04東京蒐集録06


麻布の南端を古川(渋谷川)が流れている。新宿御苑の池を水源とするこの川は、千駄ヶ谷やいわゆる裏原宿を暗渠として下り(川の蓋の上が所謂キャットストリート)、代々木から流れてくる宇田川と合流しながら渋谷駅や東急東横店の真下を潜ったところで表に顔を出し、天現寺橋で笄町(西麻布)から来る笄川(暗渠)を合わせ、古川橋で直角に曲がり、一の橋(麻布十番)で再び直角に向きを変え、赤羽橋、金杉橋を潜って、浜松町で海に注ぐ。
宇田川や笄川の他にも付近の小さな水源からいくつかの細い流れを集めており、小さいながらも独立した水系を形成しているのだが、それらは悉く埋め立てられたり暗渠になって下水道化しているため、私のような河川フリーク以外そんな水系があることなど知る由もない。
そんな小さな水源のひとつが旧麻布本村町(南麻布)にある釣堀「衆楽園」の池と、元麻布のがま池である。

画像をクリックすると拡大版がポップアップ表示されます。




南麻布の釣堀「衆楽園」


大使館や高級マンションの建ち並ぶ南麻布にあって、本村小学校付近は傾斜地に這うような形で辛うじて昔ながらの庶民的な木造家屋の街並みが残っており、車が入ってこられない細い路地があちらこちらに伸びている。麻布イコール気取った街という固定観念を持った人が見れば、そのイメージと実際の街並みとのギャップに面食ってしまうだろうが、これこそ麻布本来の姿である。その釣り堀は本村小学校に沿った路地の一番奥の解りにくい場所に、誰にも見つからないようにひっそりと佇んでいる。麻布に釣り堀があるとは、殆どの方がご存じないだろう。
かつては路地の角に小さく「つりぼり入口」と書かれた札が提げられているだけで、余程注意していないと見落としてしまい、よしんば見つけたとしても本当にこの先に釣堀があるのかさっぱり判らないような状況だったが、最近は電柱に看板が貼られるようになり、以前よりは見つけやすくなった。尤もこれによって嘗てのような秘境めいた感覚は薄れてしまったことは否めないのだが…。

見てお分かりの通り家やマンションに囲まれたとても小さな釣堀で、知る人ぞ知るまさに隠れた穴場である。この池が湛えている水は湧水(地下水)なのだそうで、ここから流れ出た水は小さな谷を通って四の橋付近で古川に注ぎ込んでいる。
釣りをしていると時間を忘れるというが、多くの水源が潰され埋め立てられた古川にあってこの釣堀の池は奇跡的に現存しながら、辺りの時間の流れを止めるように静かに地元の釣り客を迎えている。




本村小学校脇路地
入り口を示す看板




釣堀の割引チケット
以前ここで楽しんだ際に貰った




がま池
フェンス越にようやく見える


元麻布2丁目の西町インターナショナルスクール裏手に当たる窪地には「がま池」という小さな池がある。今は周囲を高級マンションに囲まれているため、池の南畔の崖上にある駐車場から藪越しにその一部を窺うことしかできず、また池そのものが私有地にあるため立ち入ることもできない。
調べてみると江戸時代には池畔に弁天堂があって参詣客で賑わうほど、古くから名の知れた池だったようだ。というもの、この池には火除けのご利益があったからだ。 ここはかつて旗本5千石の交代寄合役である山崎家の屋敷で、或る夜警備に当たっていた下僕2人が池の中に棲む大きなガマガエルに食い殺されてしまった。怒った当主はこのガマを退治しようと決意したとき、夢の中に白衣の老人に化けたガマが現れて犯した罪を詫び、その償いに防火を尽くすと約束したところ、当主はこれを赦す。その後1821(文久4)年4月、一帯に大火が起きてこの家も火事に罹災しかけたときに、例のガマが現れて口から水をふき、山崎家を火事から守ったという。これ以来山崎家では火除けのお守りとしてお札を出したところ大好評だったらしい。
奇譚の真偽は敢て触れないでおくが、このお守りは「上の字様」と呼ばれてその後も引き続き人々をひきつけ、今でも麻布十番の十番稲荷神社で授かることができる。境内には奇譚にあやかって石でできたカエルの置物まである。

効験は今だに失われていないようだが、その一方でその由来となった池は年を経るごとに埋め立てられて小さくなり、わずかに水を湛えるだけとなってしまった。池の北側に最近森ビルが更に池を埋め立ててマンションを建てたのだが、これにあたって近隣住民が池の保護運動を起こし、一時周辺には英文も併記された建設反対の看板がそこここに立てられたが、運動の甲斐も空しくマンションは竣工して入居も終わった。
私も建設中の現場を見ていたが、てっきり池が全て埋め立てられるものかとばかり思っていたので、辛うじて池面が残ったことを知った時は胸を撫でおろしたものだった。

その新マンション前には30年前港区によって立てられた池の説明板がある。立てられた当初は池畔にあったものの、今ではマンションに阻まれてしまい、ポツンと取り残されたように佇むばかりである。




がま池の説明板




十番稲荷のカエル


所在地
 釣り堀「衆楽園」:港区南麻布3丁目 地図(MAPION)
 がま池:港区元麻布2丁目 地図(MAPION)
 十番稲荷神社:港区麻布十番1丁目 地図(MAPION)
 


風色top東京蒐集録top東京蒐集録04東京蒐集録06メール

(c) 2004 K-I All rights reserved.